グラフィック・プロダクトデザインコース

デザインとは単なる個人的な創作行為ではなく、人々の想いや願いを物の「形」にまとめ暮らしに美しい秩序を与え、生活文化を深める営みです。
このコースでは、生活道具の望ましい姿を「形」に創りあげるプロダクトデザインと言葉にはできない想いやイメージをわかりやすい「情報」として伝えるグラフィックデザインの両方を学びます。
卒業研究は身近な生活や、社会の問題をテーマに未来につながる提案にまとめました。

星野茂樹 教授
白井信 教授
山田拓矢 准教授
山﨑裕子 助教
松本章 非常勤講師