文化学園大学 造形学部 卒業研究展ダイジェスト 2024

街の景観がドレスコードに与える影響
はじめに、ドレスコードとは、一般的に「場所や立場にあった服装を整えるルールという意味で使用される。本研究ではドレスコードを「街の景観を意識し、自ら設定した規範や制約」と位置付ける。この位置づけにより、ドレスコードは、東京 ...続きを読む
”カイコ”の埠
プロセス 人が介在せずとも自立する自然環境は時に心の拠り所として作用するが、建築も同様に人が介在せずとも自立することができれば建築の永久性を獲得することができるのではないだろうか。環境の歴史的変遷に焦点を当て、建築と大地 ...続きを読む
都市部の戸建住宅等における敷地属性とエアコン室外機設置状況に関する研究
はじめに、現状での室外機の設置状況を調査する必要があるため、予備調査として室外機が気になった地域で室外機が見える事例を対象に写真撮影し分析を行った。結果として、「建蔽率」と「接道数」が室外機の可視に大きく影響を及ぼしてい ...続きを読む
Voyage of Imagineering 創造の冒険旅行
まず初めに、環境的要素が心理的変化に大きく関係していると考察をし、パークで1日過ごす中で高揚感を感じる場面、印象に残っている場面についてアンケート調査を行った。高揚感を感じやすい「入園ゲートを通った時」は現実を感じにくく ...続きを読む
懐かしい未来
プロセス 長野市が盆地であることに着目し、地下を開放し窪ませることで人々を引き込み、地域文化を知る場を創出する。交差点側の駆体を大胆に削り取り、県産材カラマツを利用してインテリアの木質化を図り、屋内壁を隆起させることで渓 ...続きを読む

TOPICS

トピックス

GREETINGS

卒業研究展に寄せて

文化学園大学学長 清木 孝悦(せいき たかよし)

2023年度の造形学部卒業研究展が昨年に引き続き対面・来場型で2月に実施されました。 やはり、会場で作品に直に触れることによってのみ感じ取ることができるものがありました。
デザイン・造形学科と建築・インテリア学科の卒業研究は、学生各自がテーマを設定してその研究の成果を作品または論文として発表するという、いわば4年間の学びの集大成です。

...続きを読む

卒業研究展について

造形学部長 渡邉 秀俊

文化学園大学造形学部は、1965年に設置された文化女子大学短期大学部生活造形学科を前身とし、58年の歴史を重ね、今日に至っています。 現在では、デザイン・造形学科と建築・インテリア学科の2学科から構成され、それぞれの学科において、 「新しい美と文化の創造」という建学の精神のもとに、生活の質を向上させるモノづくり、コトづくりに貢献する人材を育成する教育研究に取り組んでいます。

...続きを読む

学長賞作品

選抜作品が各コースから数点選出され、その中から各コースの最も優れた作品1点に学長賞が授与されます。

学長賞AWARD2024

学長賞を受賞した学生が、研究の目的や制作意図、過程、魅力などについて語るプレゼンムービー。

SEARCH / TAG