作品仕様

映像作品:4分45秒 / カラー / Full HD

主人公の世界は徐々に簡素になり、WEBページの様にデータ化されていく

教員講評

キャラクターの感情や行動をセリフや表情など具体的な描写を使わず、代わりにインフォグラフィックスを用いて表現したアニメーションです。コミュニケーションが上手く出来なかったり、人からの些細な言葉に苦しむ主人公が、思っていることや言いたいことを表現したり処理するためにグラフやアイコンを使います。また、進むにつれて画面に映るものが簡略化されていく表現は、思春期の不安定で移り変わりやすい感情とそれに対する変化を表しています。


他の学生の作品を見る

『Yowatari-jozu』
感情、行動をインフォグラフィックスで表現する
ひまわりとみた夢
自作の演劇用脚本のアニメーション化
ペン先からこぼれ落ちた僕の夢
いじめをテーマにした実写映画の制作
少年ファイター
自分の集大成を少年漫画雑誌の形で表現
True Colors
色をテーマとした映像作品の制作と色彩表現の可能性の研究
おはようをさがして
夢の中の世界を表現したドローイングアニメーション