建築・インテリア学科

学長賞作品

SHIWA

しわを刻む学びの空間の提案

伊藤 さくら

作品仕様

教員講評

この作品からは心の声が聞こえてくる。日本特有の義務教育は決まり事が多い、あの枠から飛び出し自由にという作者の心の声だ。クリエイティブになりたいのなら枠からはみ出なければならない。クリエイティブと呼ばれたいなら、心で感じた思いを表現しなければならない。多くの人を惹きつける魅力的な新たな教育のスペースデザインが生まれたのは、そういったアートにも通ずる、激しくもスマートな意志が迸っているからではないか。


他の学生の作品を見る

栞
デザインの価値
 実際にデザインは、企業に対してどれ程の影響力を持っているのだろうか。イギリスの研究では、デザインを重視する企業の株価は10年間で市場の2倍成長したことが分かっている。このようにデザインは意義があるにもかかわらず、なぜ理 ...続きを読む
SHIWA
音楽素材提供:Music-Note.jp URL:http://www.music-note.jp 運営:株式会社ピクセル URL:http://pixel-co.com