暮らしの中で季節を感じられる商品のブランディングデザイン

手作り石鹸のオンラインショップ
「+SEASON」

中島 琴音

作品仕様

手で泡立てることで変化する石鹸の表情を楽しんでもらえるよう固形石鹸を採用し、12カ月で季節が一巡することから石鹸のフォルムを丸で制作した。
ブランド名+SEASONは「暮らしの中に季節感をプラスする」を意味している。
ロゴは春夏秋冬を4本の線と葉で構成し、12カ月で一巡する季節を表現した。

石鹸とパッケージ(1月~6月)

石鹸とパッケージ(7月~12月)
パッケージのグラフィックは石鹸の柄に合わせて制作し、ロゴを箔押しすることで一点ずつ丁寧に手作りされた石鹸の高級感を演出した。

石鹸の柄のイメージソースになっている小物を使って撮影した画像をショップカードに展開し、裏面にロゴ・PC/Mac版アドレス・Mobile版QRコードを入れた。

オンラインショップでの販売を想定したWebサイト・販促ツールとしてInstagramを制作。

教員講評

COVID-19で生活は一変し、季節が感じられないまま時が過ぎていく。そんな味気ない日常において、感染対策として手を洗う行為にその解決を見出した視点が素晴らしく、中島さんの日々の暮らしを心豊かに楽しみたいという想いが垣間見える。3年次から続くオンライン授業、学生同士の交流制限とモチベーション維持が極めて困難な中、計画性を持って細部にまでこだわり抜いた作品は、彼女の強靭な精神力の賜物だろう。