建築・インテリア学科

選抜作品

GERUDE・ゲルデ

都市に暮らす定着遊牧民の新たな住まいの形

NAADAMBAYAR MARAL

作品仕様

所在地・主な用途等:
所在地:モンゴル、ウランバートル市、スフバートル区、ホロー28、サンサル7-17
主な用途:住宅
敷地面積:630㎡
建築面積:176.2㎡
構造種:鉄筋コンクリート造
階数:1階立て
最高高さ:4200

コンセプト:
伝統的な移動式モンゴルゲルをコンセプトに、都市環境に合う移動しない定着型遊牧民の住まいを設計した。モンゴルゲルらしさを残し、モンゴルゲルの伝統を守り、生活文化を受け継ぐ一つの道になると考えたからである。

現地実態調査


他の学生の作品を見る

空間における色彩の誘導に関する研究
本研究では色彩とグラデーションサインを組み合わせたデザインが、人の行動誘導に対して大きく影響する色彩グラデーションの傾向を明らかにすることを目的としている。色彩はPCCSのトーンを用いることとし、その中で色相は心理四原色 ...続きを読む
ROOF M
プロセス 「未来を変えた 島の学校」という本を読んだことがきっかけで、隠岐諸島の知夫村のことを知った。知夫村は人口の社会減を抑制するため、「島留学」などの総合戦略を取り込んだ結果、大幅な人口増と人口構成の若返りを達成した ...続きを読む