建築・インテリア学科

学長賞作品

時を紡ぐ家は容す

記憶の集積としての住まい

佐藤 亜紀

作品仕様

配置図

19の家の記憶

教員講評

「記憶の中にある住まいの風景」という曖昧かつ主観的なイメージを普遍的な空間デザインへと昇華させた作品。佐藤さんはこの難しいテーマに真摯に取り組み、制作に先立つアンケート調査から、各々の「記憶の風景」から共通する要素を見出した。一つ一つ丁寧に作り上げられた19の住まいのシーンには、どこか懐かしさを覚えると同時に、これからの家族と住まいの在り方も示唆する作品となった。


他の学生の作品を見る

首都圏の小学生低学年に向けた防災教育に関する研究
首都圏は首都直下地震等の発生確率が高く、日頃からの備えが重要である。大規模災害の際は一人一人の自覚ある行動が重要であるが、子供達も同様だと考え、防災教育を目的とした絵本教材を検討した。各機関で提唱されている子供の防災教育 ...続きを読む