「エモい」と「アニメーション」を融合させた映像作品の研究

EMONIMATIONS

井手 陽香

作品仕様

【怪しいとエモい】
「怪しい」に含まれる"気味の悪さ"というマイナスな印象と、同時に感じる"怖いもの見たさ"というギャップが共存する世界観に「エモ」があると私は考えています。

【ビビッドとエモい】
「ビビッド(鮮やか)」には"色の鮮明さ"、 "動作が手際良いさま"という意味があります。ハッキリとした色と音源と動作で五感をギラギラと刺激されることも、ある種の「エモ」ではないでしょうか。

アニメーション本編内で動かしたキャラクターの設定資料

おまけ(怪しい、ビビッド以外の制作候補だったアニメーションのキャラクターデザイン二点)


他の学生の作品を見る

Colorgenic
色彩によって変化する女のコの魅力をスタイルブックと映像作品で表現
月のみぞ知る
小さな村を舞台に起こる人狼ミステリー小説
「春よ、はやく。」
音の表現を追究した劇映画。本編の他、予告編とインタビュー動画を制作
tokimeki+
80年代〜2000年初期のアナログ表現を研究し、PV&写真集に展開